アスカ MV収録

3



16日、アスカのミュージックビデオの収録に呼ばれ
参加しました。
待望していたファンの皆さんの前で、歌う姿は、随分
久しぶりの事。
改めて、彼の新たな時間が動き出した様で、
とても嬉しかったです。

控え室には、大石吾朗さんや、元クリスタルキングの
田中さんをはじめ、ポプコン仲間達が。

青春のマイソングス 2017

3

6日は、愛知県の蒲郡競艇場でのイベントコンサート。
伊藤秀志さん、庄野真代さんとご一緒です。
控え室で秀志さんと、ジョイント曲のコソ練中。

実は、蒲郡という街を訪れたのは、これが初めて。
勿論、競艇場も。
温泉があり、海の近く。浜辺にはヨットが停泊していて
リゾート感がある、こんなに素敵な街だとは!
そして、競艇場には、家族連れやカップル、老若男女
幅広い年齢層の人達が沢山。色んな努力で
イメージアップされているんだと感じました。

素敵な会場、ステージが有り、一杯のお客さん。
3人で気持ち良く、唄う事が出来ました。

コンサート終了後、帰り間際のレースを、初めて
買ってみたら、ビギナーズ ラック!
何と的中しました。
ラッキーのおすそ分け、真代さんと駅のホームで乾杯です!
今日は、良い日だったなぁ〜!

出雲へ

2



7月28日夕方、29、30日のファンクラブ、
アプローズクラブの旅行の為、
一足早く島根県の出雲へ。
天気予報では、29日には雨マークが。
とても気になります。

アプローズツアー in 山陰スタート

2



集合場所は、出雲駅と出雲縁結び空港。
出雲駅には、今回お世話になる出雲観光バスの
運転手の権田さんとバスガイドの大国さん。

そして、この旅をコーディネートしてくれた、FM山陰の
小村さんからのご挨拶。
ラジオのポップナウ時代からの縁で、当時も随分、
お世話になりました。そして、今回もまた、お世話になります。

バスがスタートし、僕のご挨拶から、いよいよツアーの
スタートです。


初日ー1

2

初日、まず、島根ワイナリーでお昼ご飯です。
早速、出雲そばも頂きました。



出雲大社に行く前に立ち寄った、旧出雲駅舎。
中に入っても、大正浪漫の建築美で、正に「ハイカラ」と
いうのが相応しい、中々な佇まいでした。

いよいよ、出雲大社、一の鳥居が見えて来ました。

大社第二の鳥居前で。
これから、参道を歩いて行きます。
何か空気が違います。





しばらく歩くと、第三の鳥居が。
バスガイドのたまちゃんの案内で、正式な
出雲大社参拝をさせて頂ける事に。


いよいよ、出雲大社拝殿に到着。
お参りは、二拝四拍手一拝です。

十九社。全国の神様方が出雲大社に集まった時、
ここに、お泊まりなるのだとか。



出雲大社に参拝するんだったら、こちらの北島氏にも
参拝する事が大事なんだとか。
門をくぐった瞬間、また空気が変わった気がしました。
蝉時雨の中、また違った落ち着いた、おごそかな
時間が流れていました。

スサノオノミコトさんのお社、素鵞社(そがのやしろ)

夏の陽射しの中、大社をぐるっと回って来ました。
たくさん歩きました。

初日ー2

2



出雲大社を後にして向かったのは松江。
松江城周辺のお堀を船で巡る、堀川巡りです。
とても風流でした。



夕暮れが近づいて来たので、松江の夕日スポットの
島根県立美術館のテラスへ。
宍道湖うさぎの銅像が幾つも佇んでいます。

夕方、宿泊地の玉造温泉、ホテル玉泉にチェックイン。
僕の乾杯の音頭で、夕食がスタート。



皆さんが食事中、各テーブルを回ってライブの
リクエストを募集。
直ぐに集計して、演奏曲を決めます。



皆さんのリクエストにお応えしての、1時間程のライブ。
この後は、各お部屋を回る、お部屋訪問です。
それを終えて、1日目が終了します。
とにかく、心配した雨は降らず一日過ごせたのが
本当に何よりでした。


ツアー2日目

2

旅、二日目の30日の朝は、ホテル玉泉の支配人の平澤さんを
はじめ、スタッフの皆さんのお見送りからスタート。
大変お世話になりました。

紹介します。
爆烈トークで爆笑!しかし、知識豊富なプロ バスガイド、
たまちゃんです。
今日も期待しています!

最初に訪れたのは、八重垣神社。
その手前に佇む、根は2つだったのがやがて一本の
木となった夫婦椿。これも縁結びやね。



八重垣神社。
スサノオノミコトとクシナダヒメが新居を構えた神社。
素敵な、爽やかな空気でした。

続いて訪れたのは、鳥取県境港市にある、
アニメの鬼太郎で有名な、水木しげるロード。
妖怪の銅像が沢山、並んでいます。

人通りが多くなると、ねずみ男も登場。

トイレにも、鬼太郎と猫娘そして、目玉おやじ。



お昼ご飯は、一年中牡丹の花が見れるという、由志園で。









続いては、海外では日本の観光スポットNo.1だという
足立美術館へ。
成る程、流石!と思いました。
展示物も、とても素敵でした。

全ての観光を終えて、旅は終わりです。
出雲空港と出雲駅に、皆さんを送り届けるバスの中
参加してくれた皆さんに、感謝とお礼を込めた、
最後のご挨拶です。




追伸。

ツアーに参加してくれた皆さんを無事、お見送りして
僕は、再び、玉造温泉のホテル玉泉へ。
もう一泊させてもらいました。
そして、やっと温泉に入れて満喫しました。
蝉時雨の声で目が覚め、まるで2回目の夏休みを
もらった様な旅でした。

郡山 富や蔵

2

この22日夕方、翌日の福島でのコンサートの為に
車で前日に郡山入り。
人工物で彩られた東京の景色も、自然に抱かれれば
おつな風景になりますね。



23日、コンサートの当日は、あいにくの雨が降ったり止んだり。
来てくれる皆さんの足元が汚れない様にと願いました。
サポートは、ギターの関君です。
会場一杯のお客さんに、今の僕を一杯聴いて頂きました。

ザ・サベージ

3



15日は、芝浦ピアシスでの、ザ・サベージのコンサートに
行って来ました。
サベージの奥島さんは、あの「愛はかげろう」の
プロデューサーだったんです。
皆さん、往年のオーラと演奏からかもし出す雰囲気が
とっても素敵で、感動しました。
やっぱり、プロは幾つになっても凄いね!
勉強になりました。

帰郷

3



最近、帰郷すると必ず立ち寄る伊和神社。
実家に居る頃は、お正月三ヶ日に家族で必ず初詣に
行ったものです。









お参りした後、我が町の波賀城へ。
夏の強い陽射しの中、汗だくになって歩きました。
その甲斐あって天守からの眺めは最高!








小学生の頃、この神社の側の急な坂道を登って学校へ。
中学生の時は、相撲大会や冬場グラウンドがぬかるんで
使えない時は、境内で練習しました。
境内には、色んな人生を見てきただろう大銀杏の木と
大杉の木が悠然とたたずんでいました。
何気なくいつも側にいてくれた郷社八幡神社に、
改めて御礼申し上げました。


我が地区にある氏神様。残念ながら、フェンスが
閉められ上がれませんでした。
大晦日の除夜の鐘がなったら、まずこの氏神様に初詣。
この百段の石段を上がれば本殿と広場が。
夏と秋のお祭りでは相撲大会が。必死で勝ちに行った
事を思い出します。
そして、野球の練習を終えて帰宅してから更に
この石段を何度も往復して、トレーニングしたものでした。
氏神様の正式名称が諏訪神社。あの長野の諏訪神社です。
ビックリしたのと、長野と縁があるのが今頃分かりました。



亡き父が生前植えた栗の木。その側には、山葵を
育てていた沢の清流が。





故郷の緑は、美しく輝いていました。
姉と、亡き両親と二男兄の墓参りをすませ、長男兄宅で、
久しぶりに兄弟姉妹3人が集い、話しの尽きない楽しい
時間を過ごし、翌12日早朝、故郷を発ち東京へ戻りました。
ちょっとした僕の夏休みとなりました。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

メニュー

TOP
過去の気まぐれフォト
('07年9月13日〜'11年10月10日)

selected entries

archives

recommend

アンコール
アンコール (JUGEMレビュー »)
三浦和人,三浦雄也,春夏秋冬,ザイヤ,伊藤薫,阿久悠,ひろよしゆきこ,川村栄二,奥慶一,鳩野信二,喜納政明

recommend

recommend

recommend

百年の恋
百年の恋 (JUGEMレビュー »)
三浦和人,三浦和人,伊藤薫,森田雅彦,鳩野信二

recommend

あなたを愛する想い
あなたを愛する想い (JUGEMレビュー »)
三浦和人,伊藤薫,門倉聡,カラオケ

recommend

recommend

愛はかげろう
愛はかげろう (JUGEMレビュー »)
三浦和人,三浦和人,夏冬春秋,森田雅彦

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM